妊娠・出産・育児

高金利、最高で6.2%!韓国の結婚移民者・多文化家族向けの積立貯金

韓国の銀行には、結婚移民者や多文化家庭向けに高金利の積立貯金の商品を扱っている金融機関が多くあります。

 

最高7.5%という超高金利を受け取れた数年前と比べると、どうしても金利は悪くなっていますが、銀行によりますが、最高で6.2%の金利、普通預金でもらえる1~2%のものとは比べものにならないくらい高い金利ですよね。

 

高金利の積立貯金を取り扱っている銀行はどこ?

銀行ごとの金利は何パーセント?

 

今現在(2017年12月)、各銀行が扱っている結婚移民者・多文化家族向けの高金利の積立貯金をまとめて紹介していきます。

 

高金利の積立貯金を扱っている銀行はどこ?


この高金利の積立貯金口座、結婚移民者や多文化家族だけでなく、所得の少ない家庭や脱北者(北朝鮮難民)も対象となっています。

 

【結婚移民者・多文化家族】といっても・・・、

 

  • 韓国人と結婚した外国人配偶者(女性も男性も可)
  • 韓国人男性と結婚した外国人女性のみ
  • 多文化家族(夫婦)

 

と対象者が若干違っているので、各銀行のHP、あるいは電話で問い合わせをして確認してくださいね。

 

ちなみに、わたしはKB国民銀行(KB국민은행)と新韓銀行(신한은행)、今現在この2つの銀行で積立貯金をしています。本当は水協銀行(수협은행)も持っていたのですが、個人的な都合でやめてしまいました(残念)。 水協銀行、他の銀行と比べて高金利なのでおすすめですよ!

 

수협 – SH 행복한 미래적금

 (Sh水協銀行) SH ヘンボッカン ミレジョッグム


 

加入対象者:結婚移民者(とだけ表記されていたので韓国人の方と結婚した女性・男性どちらの外国人配偶者も対象)

加入期間:3年満期

積立金額:月1万ウォン~20万ウォン

積立方法:毎月決められた日に決められた金額を入金

金利率:2.5%優遇金利 4%(満期時受け取り) = 最高 6.5%

 

Sh水協銀行のHP▼

https://www.suhyup-bank.com/

 

KB국민은행 – KB국민행복적금

KB国民銀行 – KBグッミンヘンボッジョッグム


 

加入対象者:結婚移民女性のみ

加入期間:1年満期

積立金額:月1万ウォン~50万ウォン

積立方法:定期積立(毎月決められた日に決められた金額を入金)

金利率:4.2%優遇金利2%(満期時受け取り) = 最高 6.2%

**入金したい金額を、入金したい日に積立する「自由積立金」の場合、優遇金利が1.0%で5.2%の金利率となります。

KB国民銀行のHP▼

https://obank1.kbstar.com/quics?page=obank#

 

신한은행 – 새희망적금

新韓銀行 – セヒマンジョッグム


 

加入対象者:結婚移民者

加入期間:3年満期

積立金額:月1万ウォン~20万ウォン

積立方法:定額積立、自由積立

金利率:4.5%

 

新韓銀行のHP▼

https://www.shinhan.com/index.jsp

 

KEB하나은행 – 1004나눔 적금

KEBハナ銀行 – 1004ナノムジョッグム


 

加入対象者:多文化家族(夫婦) –  夫婦でひとつずつ口座を持てる

加入期間:1年、2年、3年から選択

積立金額:月1万ウォン~30万ウォン

積立方法:自由積立

金利率:3% + 優遇金利 1年 1.3%、2年 1.4%、3年 1.5% = 最高 4.5%

 

KEBハナ銀行のHP▼

https://www.kebhana.com/index.html

 

IBK기업은행 – IBK사랑나눔적금

IBK企業銀行 – IBKサランナヌジョッグ


 

加入対象者:結婚移民女性のみ

加入期間:1年満期

積立金額:月1000ウォン~50万ウォン

積立方法:自由積立

金利率:最高 4%

 

IBK企業銀行のHP▼

https://www.ibk.co.kr/

 

우리은행 – 우리희망드림적금

ウリ銀行 – ウリヒマンリムジョッグ


 

加入対象者:結婚移民者

加入期間:1年満期

積立金額:月20万ウォンまで

積立方法:定期積立

金利率:2% + 優遇金利 2% = 最高 4%

 

ウリ銀行のHP▼

https://www.wooribank.com/

 

結婚移民者が口座をつくるときの必要書類

結婚移民者・多文化家族の積立貯金口座をつくりに行くときに必要になる書類は以下です。

 

  • 가족관계증명서 (家族関係証明書)*外国人登録証の番号が表記されているもの
  • 혼인관계증명서 (婚姻関係証明書)

 

銀行のHPを見ると、上記の家族関係証明書と婚姻関係証明書の2点となっていますが、外国人登録証も持参していくことをおすすめします。

 

わたしが口座をつくったときは、外国人登録証の提示も求められたので。

 

念のため、銀行に出向く前に、電話で必要書類を確認しておくといいでしょう。