妊娠・出産・育児

1年分のキムチを漬ける『キムジャン(김장)』から始まる韓国の冬。本場キムチはこうやって作られる!

韓国の代表的な食べ物といったら『キムチ』ですよね。

 

韓国の人たちの食生活の中心となっているキムチ、韓国の家庭の食卓には、必ずといっていいほどキムチが並べられます。

 

実は、各家庭で食べられているキムチ・・・なんと1年分のキムチを1度にまとめて漬けているんです!

 

1年分ですよ?家族みんなで毎日のように食べるキムチを1年分!!

 

それでは、韓国の伝統料理、キムチを漬ける「キムジャン」の様子をご紹介していきます。

 

キムジャンの時期

1年分のキムチを漬けるキムジャンですが、毎年漬ける時期が決まっています。

 

キムチを漬ける時期は、11月中旬~12月初旬のあたり、冬になって本格的に寒くなる前に行われます。

 

冬に旬の白菜と大根を、寒い韓国の冬の間の保存食として漬けられるようになってから、このキムジャン文化が浸透したといわれています。

 

日本でも野沢菜などの漬物を、ちょうど同じくらいの時期(冬を越す前)に漬けますよね。

 

《キムジャン》重労働の白菜の塩漬け

 

キムチを漬けるには、まず、白菜を準備しますが・・・

 

わたしのシデク(義実家)では、自分の畑の白菜を収穫するところから始まります。

 

白菜の1番外側の緑の葉を取ってから、白菜を半分に切ります(これがちょうど上の写真の様子。毎年100株くらい漬けます・・・)。

 

半分に切った白菜の葉と葉の間に粗塩を適量撒いて、塩漬けにした状態で一晩寝かせます。

 

この次の日の作業が1番大変で・・・

 

寒い外で、冷たい水で、塩漬けされた白菜を3度洗います!

 

3つの大きな桶に水をたくさん入れて、1→2→3の順番に塩漬けされた白菜に付いた塩や土などを洗い流していくのです。

 

腰は痛いし、手足は冷たくて凍りそうだし、

 

《キムジャン》キムチのネタ(ヤンニョム)作り

シデクではお手伝いに忙しくて、写真を撮ることがなかなか出来なかったので・・・(泣)

 

少し前に、多文化家族支援センターでキムジャンをしたときの写真も使いますね。

 

キムチを漬けるときのタレ?ネタ?は、韓国ではヤンニョム(양념)と呼ばれます。

 

ヤンニョムによってキムチの味が決まってくるので、各家庭、地域によってキムチの味が違います。

 

 

まず、ヤンニョムに入れる野菜には「大根の千切り」と「万能ねぎ」は基本!

わたしのシデクではわけぎや、たまねぎと梨(またはリンゴ)のすりおろしも入れます。

 

生えびの塩辛(アミの塩辛)も欠かせません▽

 

たっぷりのニンニクとしょうが、カナリエキス(ミョルチエキス)などの魚のエキスも入れます。砂糖は入れず、梅のエキス(梅のシロップ)を入れるところが多いです。

 

そして、キムチの発酵を促進させるために、もち米のお粥も入れます▽

 

すべての野菜と薬味を入れたら、ゴム手袋をしてよ~~く混ぜ合わせていきます▽

 

お義姉さんが唯一撮ってくれていた写真(笑;)▽

 

親戚の男性群が一生懸命混ぜてくれてます。ヤンニョムもこの量になると重くて、混ぜるのも一苦労・・・

 

よく混ぜ合わせたら、キムチのヤンニョムのできあがり。

 

これでいよいよキムチを漬けていきます!

 

《キムジャン》キムチを漬ける

キムチのヤンニョムを作り終えたら、いよいよキムチを漬けていきます!

 

塩漬けした白菜の葉の間に、ヤンニョムを塗るようにして漬け込んでいきます。

「塗るように」というのは、ヤンニョムを入れすぎると、あとあとしょっぱくなりすぎてしまうからです。適量を入れていきます!

 

ヤンニョムを付けおわった白菜は、丸めるようにして包み、キムチ専用の入れ物にキレイに並べていきます。

 

今年もキムチ100株・・・無事に漬け終わりました。

 

漬けた日の当日は冷蔵庫に入れずに、ベランダや部屋の涼しいところに置いておいて熟成させます。

 

漬けたても美味しいですが、1週間後あたりには食べ頃になっているので、適度に熟成していてとても美味しいですよ。

 

《キムジャン》の日に食べる、ポッサムは格別!

韓国では、キムジャンの日にかならず食べる料理があります。

 

それはポッサム(보쌈)。ポッサムとは、厚めの豚肉を茹でて、薄くスライスしたものをキムチと一緒に食べる韓国料理です。

 

作りたてのキムチとポッサムの組み合わせがなんとも美味しいのです。

 

シデクでは、かならず生牡蠣も準備してあって、とくに男性群は作りたてキムチと生牡蠣、そしてお酒に大満足の様子でした(笑)

 

《キムジャン》「キムチは買って食べる」韓国人が増えている

キムジャンってご覧の通り、とってもとっても大変な作業なんです。

 

主に女性が仕事をするので、毎年キムジャンの時期になると韓国の女性たちは憂鬱に・・・。

 

わたしのシデクのように今だにキムジャンをやる家庭もまだまだありますが、時代の変化か、キムジャンをやらない家庭が増加傾向にあります。

 

わたしの周りでも、ここ数年間の間に「シオモニ(義母)が、大変だし面倒だからもうやらない」「市販のキムチの方が美味しい」と、キムジャンをやらない韓国人の知り合いが増えています。

 

韓国もだんだんと変わってきているんですね。

 

以上、韓国のキムジャンの様子と最近の韓国のキムジャン事情でした。

 

韓国ではオリニチブでも『キムジャン』をするところも▽

オリニチブや幼稚園で、キムチを漬ける「キムジャン(김장)」を経験する韓国の子どもたち韓国の代表的な食べ物『キムチ』 韓国では、オリニチブ(日本でいう保育園)や幼稚園に通う2歳~6歳の子どもたちにもキムチを食...